薄毛の原因をブロックして育毛する【ブロッコリー】

ブロッコリーは髪にいい食べ物

男性と女性では薄毛の原因がまるで違っているといいます。

女性は女性ホルモンがあるため、ツルツルにハゲてしまうようなことはありません。

逆に男性は男性ホルモンがあるために、ツルツルにハゲてしまうことが多いのです。

女性も更年期以降に薄毛に悩まされることが多いのは、女性ホルモンが減少してしまうからです。

それでは、育毛をしたいと思うのなら、ホルモンを逆転してやればいいということになります。

つまり、男性ホルモンを少なくして、女性ホルモンを多くするような方法をとるのです。

実際、効果があると言われる育毛剤には、男性ホルモンを抑制する物質が含まれているといいます。

ただ、あまりに男性ホルモンが抑制されると、全然別の他のところに影響が出てしまう場合があります。

そこで、そのような悪影響を出さないように育毛するにはどうしたらいいのでしょうか。

まず試してみたいのが男性ホルモンに対抗する食材を食べることです。

男性ホルモンを抑制すると知られている食べ物にブロッコリーがあります。

ブロッコリーは免疫力を高めてくれて美白にも良いと言われている食べ物です。

ちょうど良い量としては2日に1本くらいの量を食べるのが良いといいます。

これくらいなら苦労せずに食べられるのではないでしょうか。

そして、女性ホルモンを増やす食材としては大豆があります。

女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれているからです。

薄毛に悩んでいるみなさん、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを増やす方法をぜひ試してみてください。