髪の毛を育てるために緑黄色野菜を食べましょう【モロヘイヤ・ニンジン・アシタバ】

ニンジンは育毛食材

頭髪の量が気になりはじめたなら、ぜひ食べたいのが緑黄色野菜です。
毎日十分なカロリーの食事を摂っていたとしても、ビタミンやミネラルが不足していては髪を作ることができません。
育毛をしようと考えるのなら、厚生労働省が推奨している量くらいの緑黄色野菜を食べたいものです。
髪の材料となるのがタンパク質ですが、そのタンパク質から髪を作るためにはビタミンとミネラルが必要になります。
特にビタミンAがなければ髪を作ることができなくなってしまうんです。
よくジャンクフードばかり食べている人は、抜け毛がすごいというのはビタミンAが不足してしまっているからなんです。
緑黄色野菜にはビタミンAに変わるベータカロテンが豊富に含まれています。
ベータカロテンの良いところは、身体が必要としている分だけビタミンAに変わるところです。
ビタミンAを摂りすぎると良くない影響も出てくるのですが、緑黄色野菜に含まれているベータカロテンは身体が必要な分だけビタミンAになります。
他は排出されるので健康のためには緑黄色野菜を食べるのがいいです。
ベータカロテンが豊富な食材としてはモロヘイヤやニンジンなどがあげられます。
アシタバなどにも豊富にベータカロテンを含んでいます。
これでちょっと気づかれた方もいらっしゃる思いますが、これはよく青汁や野菜ジュースに使われている食材です。
育毛のためとはいえ緑黄色野菜を食べるのが難しい時は、野菜ジュースや青汁を飲めば手軽に補うことができて便利です。